はじめてのゴルフジュニアコースのご紹介
ブリヂストンゴルフ ブリヂストンゴルフアカデミー インストラクター募集情報 ブリヂストンゴルフアカデミー開催校募集

トップが出る理由

トップが出る理由

 

いつもHPを閲覧していただきましてありがとうございます

さて、今回はちょっと視点を変えてトップが出る理由を原因と解決方法に分けて届けます

これも前回の“ダフリ”に引き続き大事な場面で必ずと言っていいほど出る“トップ”

意外とこういう事が大事だったりするので最後まで見てね☆彡

 

Case1 クラブ

■原因

① クラブが軽い(ヘッドバランスが軽い)

■解決方法

①単純に重くする(自分に合った重量のクラブを使う)

クラブが軽いと遠心力が小さくなり、いわゆる自然落下が入らずボールに届かなくなります

単純に重くすると言っても次の方法があるので、自分がどのタイプなのか参考にしてください

■そもそもクラブが軽い場合① ⇒ 全体重量を上げる

主にシャフト重量を指します

例えば、カーボンシャフトを使っていたとすると、一般的なプロパーシャフトの重量は60g~  70gくらいなので、スチールシャフトの90g100gに変えるとかそういう事です(もちろんその重量に合わせてヘッドにも重りを付け足しますけどね)

■そもそもクラブが軽い場合② ⇒ ヘッド重量を上げる(グリップ重量を下げる)

全体重量は良いけどヘッドの重さを感じられない場合です

ヘッドに鉛(ウェイト)を貼って調整するか、グリップを軽いモノに変えるだけでOKです

専門的に言うと、ヘッドバランスを上げてあげるという事になりますね。例としては、『C9 D1』に上げるという事です

ちなみに、鉛2g貼付で1ポイント増。グリップ5g減で1ポイント増です

後はシャフトの長さでも変更できるのでこちらも参考にしてみてください

1インチ伸ばすと6ポイント増となります(1インチカットすると6ポイント減)

↑ややこしいこと抜きに、自分に合ったクラブを探すにはこれをお試しあれ

〇シャフトフレックス ⇒ しなりを出してヘッドを利かす

シャフトの撓り(しなり)でヘッドの重さを感じることも大事です

一般的にはシャフトが重いと硬くなるので、これを軽いモノに・・・となりますが、ここではある部分をピックアップして説明します

それは、『キックポイント』です

あまり聞き慣れない単語かも知れませんが、『キックポイント』は調子を意味していて、スイングタイプによって合う合わないがあります。

ボディーターンタイプは元調子。リストターンタイプは先調子。という具合に分かれます。(オールマイティーな中調子もありますよ)

これを合わすことで撓りが適正になり、ヘッドが効いてきます。(自分に合うキックポイントはお近くのインストラクターまで)

ちなみに簡易的ではありますが、親指を下図のようにして自分がどのタイプかチェックしてみてください。

ボディーターンタイプ(元調子)  リストターンタイプ(先調子)※中間は中調子でOK

      

Case2 スイング

■原因

① 起き上がり(体、手元、肘引け)

② 感覚

■解決方法

① テクニカルな原因としてはこれだけ。ようするに手打ちってヤツです。ハイ。

なぜ手打ちすると起き上がるかというと・・・・・・・

手打ち=体の回転が入らない

アドレスの状態でインパクトを迎えようとする

アドレスの状態という事はヘッドがボールの手前にある状態

このままではダフる

体(手元・肘引け)を起こして調整する

トップするてな具合です

きちんと体を使えるようにして、正しいインパクトを覚えましょうね

※正しい体を使う順番は前回を参照してください

② これは厄介です。インストラクターも頭を抱える難関です

簡単に言うと、ヘッドがどこにあるか分からない状態を指してます(いわゆる手からヘッドまでの距離感が無いんですね。)

この問題は我々も放置しとく訳にはいかないので、練習しながら感覚を養う方法を3つ考えました

  まず1つ目

ヘッドの真ん中で打とうとして打った時にズレて当たった場所を確認する

  ズレた場所から対角のポイントを意識して打つ

  これを何回も繰り返して当てる幅を小さくする

  2つ目

マットにランダムにボールをセットする。(だいたい3個~5個)※危なくないように。前後の打席に人がいない時に試してね

  スイングを止めずに全部打つ

  全部当たるまで繰り返す

  3つ目(最も重要!)

力を入れる場所を変えて、手や体の力の出し方(使い方)を覚える方法は下図を参考にしてください

これは、飛距離や方向性にもいい効果があるのでぜひお試しを!

今回はトップが出る理由をご紹介しました。次回もお楽しみに!

 

さて、もっと詳しく知りたい方はお近くのブリヂストンゴルフアカデミーまで!

各施設でお試しレッスンを随時開催しておりますので是非、受講してください

スクールはこちらから
オンラインストアはこちらからどうぞ