福岡地区ブログリレーGP春日 遠藤

やってまいりました福岡地区ブログリレー手 (チョキ)

前回、GP博多の大澤さんよりいただきましたご質問が、ゴルフシューズの事でしたくつ
ゴルフシューズといえば、ここ数年で大きく変わったギアの一つですね。

ひとつは、靴紐式が少なくなってきて、BOAシステムをはじめとするコード式が増えてきました。

10年ほど前にスノーボードのブーツに採用されたときに、なんて便利なんだと感動したのを覚えています。

それが今やゴルフシューズにも。ハーフ終わって休憩時にカチッと緩めるだけでかなり楽になりまするんるん (音符)

 

その他、ゴルフシューズでは、樹脂製の鋲がついているソフトスパイク、そして最近主流になってきているのが、スパイクレスのタイプに分かれています。

あとはアッパーの素材がしっかりした合皮のプロモデル、アッパーが布製の軽量モデルなどに分けることができます。

私は、ラウンドの時は必ずプロモデルを使用します。

最近発売されたSHG100などは、スパイクレスでありながらソフトスパイクを凌ぐグリップ力です。

実際に購入して使用してみましたが、小雨の中、私の体重をしっかりとしたグリップ力で受け止めてくれました。

ゴルフクラブを変えた時よりも自分に合うシューズと出会ったときのほうが飛距離が伸びる気がします。

数あるゴルフギアの中でも飛距離は当然ながら、方向性、安定性など、最もショットに影響する道具ではないかと思っています。

↑私物です。

 

そんな中、今年の春に発売された超軽量タイプのシューズにも大変助けられています。

SHG020というモデルなのですが、とにかく軽くて、涼しい!

打席での自主練習や、レッスンをさせていただく時は、こちらを着用しています。

アッパーの素材がニットなので、この夏大活躍でした。

↑冬はどうするの?と不安になるくらい、通気性抜群!

 

 

あとは、練習のし過ぎで足が痛いときや、痛風の発作が出た時なんかは(笑)ゴルフシューズでは希少な4Eのワイドモデルを使用します。

ゆったりしすぎて靴の中で足が遊ぶかと思いきや、BOAシステムで調整することで幅広の方はもちろん、そうでない方もしっかりしながらも、きつくない、快適さを体感できると思います。

 

 

 

さて、そんなわけで、ゴルフシューズもシーンに合わせていろいろな選択ができると思います。皆さんもいろいろと試してみてください!

 

さて、今回は自社商品の宣伝みたいになりましたが、そろそろこの辺でGP博多マスターフィッターの谷口INSにバトンタッチをしたいと思います。

 

恒例の質問ですが「Bを構えろ」のコピーでデビューしました新しいTOUR Bシリーズのゴルフクラブ、ドライバーからアイアンまですべてが進化してフルモデルチェンジをしましたね!

谷口INSが実際に打ってみて、いままでのクラブから一番進化したなと感じるところがあればお聞きしたいと思います。

お客様のためでもあるのですが…今回私もすべて入れ替えて使ってみようかと思っておりまして。ゴルフ

よろしくお願いします!

遠藤 慶一のプロフィール

インストラクター

スクール生一人ひとりのご要望に少しでも答えることができるよう試行錯誤しながら日々レッスンを行っています晴れ

もっと上手くなりたい指でOKもっとゴルフを楽しみたいわーい (嬉しい顔)もっとゴルフが好きになりたいるんるん (音符)

そんな皆さんの声に全力でお答えしますdouble exclamation