2015年9月の小谷 陽介の記事

こんにちわ!
小谷です。

今回は、実際のラウンドでのロングパット成功率を高めるお話をします。

前回までのおさらい
ストロークのスピードに基準をもつ
今から打つ距離を把握しておく
2つを組み合わせての練習

この3つを実践していれば、本番でのパットの成功率はかなり高まります。
しかし、それだけでは対応できないことも実際のコースにはたくさん潜んでいます。
実際のコースでは、傾斜や芝目など、読みの力も必要になります。
これには言うまでもなく、経験が一番重要になります。
読みの力を高めるには、ボールの転がりをよく見ることが大切です。
ゴルフ場のキャディさんは、ほぼ毎日お客様のボールの転がりを見ているから、ゴルフは上手でなくても、傾斜や芝目が読めるのです。
また、傾斜が見やすい場所というのがあります。
例えば、上りか下りかを見たいのであれば、カップに対して後ろや前からだけでなく、横からもからしゃがんで見てみれば、そのパットが上りか下りかが良くみえます。
更に言えば、できるだけ低い位置から見た方がより正しい傾斜を読み取ることができます。

ある程度、傾斜の判断が出来たら、いよいよ実際に打つわけですが、ゴルフは「打つ前に何を思っているか」で結果が大きく変わってくるスポーツですので、ここでは僕自身がいつも実践している僕なりのやり方をご紹介します。

比較的緩やかな傾斜の場合
傾斜が緩やかに上っていたり、下っている時というのは、上りや下りの意識のし過ぎが、悪いパットを招いてしまうことがあります。
そんな時は、「思う」だけにします。
例えば10歩の距離で少し上りであれば、「10歩の上り」と思いながらストロークします。
下りならその逆です。
これが結構効果的なのです。
人間は、「思う」だけである程度身体も反応するようです。
しかし、思い過ぎには注意してくださいね。

きつい傾斜の場合
どの程度からがきつい傾斜かという度合の説明が難しいですが、明らかに傾斜が強い場合は「思う」だけでは距離感が出せないどころか、とんでもない結果になってしまうこともあります。
そういう時は、上りであれば、度合によって実際の歩数よりも2~3歩ほど多く打ちます。
例えば、「実際に歩いてみたら10歩だけど、上りが強烈だから13歩打とう」ということです。
下りでも同じように、3歩手前に止まる距離感で打つとすれば、「実際に歩いてみると10歩だけど、結構下っているから7歩の距離感で打とう」ということです。
しかし、下りの場合は、実際に歩いたら10歩の距離だけど、1歩だと思って打ってもオーバーすることもあるので、よく傾斜を読んで打つ歩数を決めることが重要です。

いずれにしても、今から打つべき距離を認識し、ストロークのスピードを変えないで打てれば、それほど酷い結果にはなりにくいものです。
とんでもないような結果になってしまういわゆる、「ノーカンパット」というのは、たいていの場合、ストロークのスピードが速かったり遅かったりというのがほとんどです。

絶妙な距離感などではなく、大体の距離感でいつもパットすることができれば、ロングパットが苦手なあなたの平均パット数は大きく向上していくことでしょう!

小谷 陽介のプロフィール

どうも!

ブリヂストンゴルフアカデミーゴルフインストラクターの小谷陽介です!

当ホームページをご閲覧いただき、誠にありがとうございます!!

「楽しいから上手くなるのか?」

「上手くなるから楽しいのか?」

両方正解ですが

「楽しいから上手くなる!!」が先です☆

今より楽しいゴルフライフブリヂストンゴルフアカデミーで体感しましょー!!

れっつえんじょいごるふぃんぐ!!!!

ほっとした顔 ついでにブログもゆっくり見て行ってくださいね ほっとした顔