2016年10月の小谷 陽介の記事

ブリヂストンゴルフプラザ呉インストラクターの小谷です手 (チョキ)

今回の見直しポイントは

正面から見た頭の位置ですぴかぴか (新しい)

頭の位置は、右でも左でもなく、体の真ん中です矢印左右矢印上下
fullsizerender-21

こんなのやバッド (下向き矢印)
fullsizerender-19

こんなのバッド (下向き矢印)はNGdouble exclamation
fullsizerender-20

こうしてみると、なんだかおかしいのは一目瞭然ですが
意外とご本人は気がついていない場合が多いので注意ですねあせあせ (飛び散る汗)

写真や動画を撮ってもらったり、鏡を見てチェックしてみましょう指でOK

ゴルフスイングは回転運動ですので、一つの軸が必要ですdouble exclamation

綺麗なスイング軸を作るためにも、アドレスでの頭の位置を見直してみましょうぴかぴか (新しい)

スイングはなるべくシンプルにねるんるん (音符)

レッスン内容・料金表
お試しレッスンのお申し込みはこちらるんるん (音符)

ブリヂストンゴルフプラザ呉
インストラクターの小谷ですうれしい顔

今回の見直しポイントは膝の角度ですdouble exclamation

よく見かけるのが、こんな状態で構えてしまっているパターンですげっそり (顔)

fullsizerender-18

これは、膝が曲がりすぎていることによって
かかとに重心が寄ってしまっている状態ですダッシュ (走り出すさま)

こうなると前傾姿勢の角度も浅くなってしまうので
両腕のポジションも悪くなってしまいますブタ

正しい前傾姿勢と両腕のポジションはこちらから

正しい膝の角度の目安はこの手順で覚えるのがオススメぴかぴか (新しい)

①膝を曲げないまま前傾姿勢をとりバッド (下向き矢印)
fullsizerender-9

②前傾の角度と頭の高さが変わらないように膝をゆるめるバッド (下向き矢印)
fullsizerender-8

クラブを持つと完成double exclamation
fullsizerender-10

この手順で、正しい膝の角度を覚えましょう手 (チョキ)

良いスイングをするには良いフットワークが不可欠double exclamation

正しい膝の角度はその準備ですぴかぴか (新しい)

因みにアドレスにおいて膝は
「曲げる」ではなく「ゆるめる」のが正解なんですよひらめき

言葉って難しいですねあっかんべー

 

レッスン内容・料金表
お試しレッスンのお申し込みはこちらるんるん (音符)

ブリヂストンゴルフプラザ呉インストラクターの小谷ですdouble exclamation

ゴルフスイングにおけるアドレスとは
ボールを打つためにクラブを持って構える姿勢のことですが
今回は「腕のポジション」についてのお話をします手 (グー)

ブリヂストンゴルフアカデミーではアドレス時
脚の付け根の関節から30度ほど前傾姿勢をとるように指導させていただいていますぴかぴか (新しい)

fullsizerender-10

このように前傾姿勢が取れたならば
肩から腕の力を抜き、だらりと両腕を垂らしたポジションでクラブを持つのが正解ですぴかぴか (新しい)ひらめき

この前傾姿勢と腕のポジションは、クラブの長さが変わっても基本的に同じですexclamation

このポジションで腕を構えることができれば
インパクトでも同じポジションに戻りやすくなりますよるんるん (音符)

こんなのとかバッド (下向き矢印)
fullsizerender-17

こんなのはバッド (下向き矢印)
fullsizerender-16

いいショットが打てそうな気配がないですよねあせあせ (飛び散る汗)

いいアドレスが取れていれば、いいショットが打てる準備が出来ているということですぴかぴか (新しい)

アドレス、大切ですねウッシッシ (顔)

 

レッスン内容・料金表
お試しレッスンのお申し込みはこちらるんるん (音符)

 

 

小谷 陽介のプロフィール

どうも!

ブリヂストンゴルフアカデミーゴルフインストラクターの小谷陽介です!

当ホームページをご閲覧いただき、誠にありがとうございます!!

「楽しいから上手くなるのか?」

「上手くなるから楽しいのか?」

両方正解ですが

「楽しいから上手くなる!!」が先です☆

今より楽しいゴルフライフブリヂストンゴルフアカデミーで体感しましょー!!

れっつえんじょいごるふぃんぐ!!!!

ほっとした顔 ついでにブログもゆっくり見て行ってくださいね ほっとした顔