スクール検定(最終回)

皆様こんにちは晴れ

いよいよ最終回となりました泣き顔

最後8段のお題は40ヤード付近にある

「かごにボールをいれる」です手 (チョキ)

チャンスは3球。1球でも入れば・・

スクール検定完全制覇ですexclamation

 

クリアに必要な要素は・・

犬ボールのスピードのコントロール

猫ボールの高さのコントロール

ブタかご内の横幅のコントロール

蟹座きちんとクラブの芯でとらえる

ひよこスイングリズムの安定

などなど・・たくさんありますが、

これまでの検定をクリアしてきたので、

これらの技術は身についているはずですわーい (嬉しい顔)

自信をもっていきましょうパンチ

 

今回お話しする内容は・・

「練習場とコースで変わってしまう・・げっそり (顔)

についてお話ししたいと思います。

 

まずゴルフは・・

練習ゴルフを「練習場」で行う方がほとんどです考えてる顔

他の競技と比べてみると・・

野球野球はグランドや球場で練習も試合もしますパンチ

サッカーサッカーもグランドや芝のスタジアムで練習も試合もします手 (チョキ)

テニステニスもテニスコートで練習も試合もします手 (パー)

 

しかしexclamationゴルフゴルフは練習をコースでしませんよねがまん顔

「練習場」と「コース」の2つの別々の場所がゴルフには存在しますexclamation

これはゴルフ独特の環境ですもうやだ〜 (悲しい顔)

 

なので「練習場ではいいけど、コースに行くと悪くなる・・」

という方が多いのはある意味当然なのですexclamation

練習している場所が違うのですから・・

 

よって今回、練習場をコースに近づけるために、

このスクール検定を企画しましたわーい (嬉しい顔)

 

練習場はマット、コースは芝考えてる顔

練習場は傾斜がないが、コースはたくさん傾斜があるボケーっとした顔

バンカーショットやグリーンでのパターの距離感など

コースへ行かないと経験できない涙こともあります。

 

しかし今回、検定内容で・・

1 (one)マットから真っすぐ以外の目標

2 (two)1球勝負の緊張感

3 (three)実際のコースを想定した戦略

などなど・・

コースで通用するためには、こういった練習が必要だと

理解していただいたと思いますわーい (嬉しい顔)

 

7月いっぱいで検定は終了しますが、ぜひ今後も

このような練習を取り入れてくださいねるんるん (音符)