スタッフブログの記事一覧

パターの転がりがスムーズでない、または思うように打ち出せない方は

構えに問題があるのかもしれません台風台風

 

パターの特性を活かした構えをお伝えします晴れ晴れ

パターはインパクトからいきなりボールが転がると思っている方が

多いかもしれませんが

当たった後はボールは少しですが地面から離れ、無回転で滑るように動きますsoonsoonsoonsoon

 

なぜかというと

打ち出していきなり転がると芝の影響を受けてしまうためです。

 

そのため

パターにはロフトがあります。

トッププロが使うパターは3~4度が多いといわれています。

 

 

フェースが少し上を向いていますねウッシッシ (顔)

 

このロフトを活かしてボールをHITするための構えはこうです。

グリップ・シャフト・フェースが体の中央になるようセットします。

 

ボールの位置は左目の真下です。

 

あとはその状態でインパクトできるよう体を動かせるとOKです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

インパクト

おそらくゴルファーのだれもが望んでいる

ボールをまっすぐ正確に打つためにはゴルフゴルフゴルフ

 

インパクト前後でクラブができるだけまっすぐに動き

ボールがスイートスポットにあたることが重要ですsoonsoonsoon

どうやって理想のインパクトを迎えるか?

パターからアプローチ、アイアンショット、ドライバーショット

などすべて

そこから考えることがゴルフの上達の近道です。

そのためブリヂストンゴルフアカデミーでは

ワンレバースイングを重要視しています。

ふり幅8時から4時のスイング

ここに基本が詰まっています!!

そのためにワンレバースイング前後を

どのような動きにすることが必要なのか?

これをレッスンでやってゆきます!!

 

やってみたい方は   070-4552-9171

ブリヂストンゴルフアカデミー ゴルフプラザ七隈

まで

 

スクール生の声

山下さん

ご入会有難うございます。

あれから約3か月ほぼ週2受講されています。頑張ってますね手 (チョキ)手 (チョキ)

実はこの週2回の受講がポイント週2~3のペースが上達が最も速いです。

山下さんも自身で「球筋がだいぶ変わってきたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

と言って下さってますねウッシッシ (顔)ウッシッシ (顔)ウッシッシ (顔)

最初スイングはじめ、構えも独特でしたが基本に戻り

TOUR-Bメソッドを取り入れミート率と方向性が上がってきましたるんるん (音符)るんるん (音符)

先日ラウンドレッスンに参加してもらいましたが

ほぼ全ショット目標に対し30度くらい右を向いて構えられており右斜め上右斜め上右斜め上

ご自身も驚かれていました。こういうことは練習場だけののレッスンではわかりませんね目目目

自己流からブリヂストン流へ

かわってゆきベストスコアをどんどん更新してゆきましょう!!!

 

このページのトップに戻る